眼を守る知識

あなたの眼は危険にさらされています

普段私達が浴びている太陽の光には目に見える光(可視光線)のほかに、赤外線や紫外線が
含まれています。紫外線はあらゆる生物に大きな影響を及ぼします。人体にとっても例外な
く、浴びすぎることによって皮膚がんや白内障などの病気を引き起こします。
また、近年の「オゾン層破壊」による紫外線量の増加によりさらに危険は増しています。
日焼け止めなど、肌における紫外線対策は広く進められていますが、目に対しての防護策は
おろそかになっているのが現状です。そのまま放っておくと、失明の可能性があります。
大切な目を守る守らないはあなた次第です。

紫外線についてもっと詳しく

ご存知でしたか?「日焼け」の秘密。

あなたは色白ですか?紫外線を浴びると赤くなる?小麦色になる?
小麦色になる人は…強い紫外線を浴びると、皮膚の中にあるメラノ
サイトという細胞が大量のメラニン色素を生産。そのメラニン色素
が紫外線から肌を守るので、結果肌の色が小麦色に変わるのです。
色白の人は…紫外線を浴びてもメラノサイトの働きが弱く、メラニ
ン色素を瞬時に生産することができません。その結果、真っ赤にな
ってしまいます。
そうするとどうなるか?
紫外線が直接、皮膚の中のメラノサイトを刺激。そしてその遺伝子
を傷つるため、皮膚がんの一種であるメラノーマにかかってしまう
可能性があります!

一番の防御策はサングラスをかけること

正しい種類のサングラスをかけることで、正常な視界を妨げず、有害紫外線などによって引
き起こされる眼疾患を予防することができるのです。ここでのカギは、有害放射が眼に達し
て損傷を引き起こす前に、サングラスレンズでこれを吸収してしまうという考えです。
太陽光の有害な構成分があきらかになったため、現在では視力の健康を守り維持することの
できるレンズの設計が可能になっています。紫外線を100%、紫と青の放射を96%まで
吸収してくれるサングラスレンズを使用することが、太陽光による眼疾患に対する、簡単、
安全、効果的、安価な利用しやすい保護手段になります。
保護用サングラスを早いうちから着け始め、その後一生涯継続して着用し、大切な眼を守り
ましょう。

市販のサングラスレンズの恐ろしい現状。

市販されている「UVカット」サン
グラス。
安価なものから高価なものまで様々
ですが、この市販のサングラス、果
たして本当に紫外線をカットしてい
るのでしょうか。
低コストを優先したサングラスのレ
ンズの多くが、粗悪品であるのが現
状です。粗悪品かどうか、見た目で
は非常に判断がつきづらいのも問題
です。粗悪レンズの歪みは脳にスト
レス(疲労や不快感)を与え、さら
には、遮光することにより瞳孔が開
き、かえって裸眼よりも危険性が増
してしまいます。悲惨な結果になら
ないためにもレンズに対するチェッ
クは必要です。
信頼できるお店でプロのアドバイス
を参考にサングラスをお選びになる
ことがなによりも重要です。

  • 眼を守る知識
  • 有害紫外線の恐怖
  • 紫外線による眼病
  • オゾン層について